自動組版システム、ITサービスの人材なら有限会社Much-INへ

会社案内

  • HOME »
  • 会社案内

ご挨拶

 弊社は2003年に創業し、多種多様な業務システムの開発に携わってまいりました。

  一言に「システム開発」と申しましてもさまざまな業種、職種、事務のシステムが存在するため、技術的な知識はもちろん、その業務の知識も学ばなければ開発を行うことは出来ません。

  なぜ、業務の知識が必要なのか。

  ほとんどの業務システムの開発とは、今まで人間が手で行っていた作業をコンピュータに行わせることにより、大量のデータを正確に、高速に処理し、事務作業の合理化を図ることを目的としております。つまり、その業務を知らなければ作業の手順も分からず、どこからどこまでをコンピュータに行わせるのかの判断も出来かねます。そして、開発したシステムが問題なく使えるかどうかテストを行う際にも、業務の知識がなければシステムに問題点・改善点が存在しても気がつくことさえ困難です。システムの動作テストは、最終製品の機能、性能が、実際にお客様のニーズを満足させるものかどうかを確認します。様々なパターンを想定した膨大なデータを入力し、その結果が正常か、問題がないかを繰り返し確認する地味な作業ですが、欠かすことの出来ない重要な作業でもあります。

  こうしたことから、開発するシステムに対する業務の知識、そしてそのシステムの動作を検証する作業がシステム開発にとって重要であることがお分かりいただけるかと思います。

  我々はまた、システム開発の仕事において業務知識、技術力を発揮するためには、忍耐力や思いやりなど高い人間力を兼ね備えた人材でなければならないと考えております。

  前述の通り開発したシステムを検証するためには、膨大な数のテストケースを一つ一つ確実に確認していかなければないません。開発期間が長期にわたる場合もあります。すぐに良い結果が得られるわけではありませんので、我慢強くやり続ける「忍耐力」が問われます。また「良い」システムを開発するためにはまず、お客様の立場に立って操作性、機能を考えていく必要があります。「お客様の立場に立つ」ためにはお客様の負担を少しでも減らしたい、という思いやりの気持ちが必要だと思います。さらには同じ開発作業に携わっている仲間への配慮、チームで作業を行う際の協調性、問題解決に向けた行動を取れる自発性など、この仕事では様々な人間力を欠かすことはできません。高い人間力をベースにして初めて、豊富な業務知識、高い技術力が生かされるのではないでしょうか。

  私たち有限会社Much-INはこのような人間力溢れるエンジニアの育成を行い、お客様のニーズにお応え出来るようなシステムを生み出していきたいと思っております。

2014年12月29日
有限会社Much-IN
代表取締役 松田健弘
PAGETOP
Copyright © 有限会社Much-IN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.